(96) ブラジルのベニス、レシーフェ

ブラジルのベニス、水の都レシーフェ

ブラジルのベニス、水の都レシーフェ

サンパウロから2100キロ、リオ・デ・ジャネイロから1900キロ、首都ブラジリアから2000キロに位置するレシーフェは、ブラジル東北部の中心都市で、別名「ブラジルのベニス」と呼ばれている美しい街である。その名のとおり、海抜4m~(-)2mのフラットな地形の市内を、縦横に走る無数の川と運河が、ベベリーベ川とカピバリーベ川に合流し、広大な河口となって大西洋に注ぐ際に、巨大な中洲が形成され、それが街の一部となって、エキゾチックな“水の都”の景観を造りだしている。市内の水路にまたがって架けられた大小の橋は、実に49本を数え、それぞれに名前が付けられている。

レシーフェはペルナンブーコ州の州都で、都市圏の人口は370万人を数え、サンパウロ、リオ・デ・ジャネイロに次ぐ、ブラジル第三番目の大都会である。1958年に国策としてスタートした、ブラジル東北部振興政策によって、税の恩典に浴そうと、南部から大小の企業が続々と同地域に進出し、工場や商業施設を建設した。その中心になったのがレシーフェ市で、半世紀を経た今日、同政策は着実に成果を挙げ、商工業に目覚ましい発展を遂げており、イギリスのリサーチ会社プライスウオーターハウスは、レシーフェ市は2020年には、ミュンヘン、ナポリ、シェンヤンとアムステルダムを抜いて、世界で最もリッチな100都市の仲間入りを果たすであろうと、予測している。

レシーフェで開催される国際的な会議、見本市、イベントの数は、サンパウロ、リオ・デ・ジャネイロに次いで多く、ブラジルと国交のある国々は、レシーフェの重要性を認識している。例えばアメリカは、サンパウロとリオデジャネイロ以外には、唯一、レシーフェに領事館を設置している。

ボア・ヴィアージェンの浜

ボア・ヴィアージェンの浜

「レシーフェ」の名前の由来は、町が大西洋に面して十数キロに亘る海岸線を有しており、それに並行して、あたかも外海から海浜を守るように、サンゴ礁の壁が延々と続いているからで、レシーフェとは、そのサンゴ礁の意である。外海から守られた水域は、波の無い天然プールの状態になり、絶好の海水浴場となる。そんな状態が延々7キロに亘って続くボア・ビアージェン海岸は、海水浴場として最も人気のある海浜で、海に面してズラリと立ち並ぶ高層マンションは、中産階級の住居になっている。ちなみに安全な内海とは対照的に、レシーフェの外洋には危険なサメが多く生息しており、時々犠牲者が出るので、サーフィンは一切禁止されている。

年間を通じての気温は、一月が最も高く、30℃~22℃、もっとも低い7月が、27℃~20℃で、トロピカル気候の常夏の街である。特筆すべきは、この街の背後には、ブラジル大陸の特徴である、海辺からせり上がる海岸山脈が無く、フラットな地形のために、海から吹く風が、滞ることなく内陸に向かって吹き抜けてゆくので、年間を通じて、気温の割には涼しく感じられる。

オリンダの高台からレシーフェを望む

オリンダの高台からレシーフェを望む

この地域が、ポルトガルによって統治されるようになったのは、1537年で、本国から派遣されたヅアルテ・コエーリョ総督によって、現オリンダ市のある場所に拠点が設けられた。オリンダはレシーフェから6キロの場所にあり、高台から大西洋を隔ててレシーフェの街が望め、その眺めは正に絶景である。街の名前もその美しい景観に由来しており、初めて同地を訪れたコエーリョ総督が、丘からの美しい眺めに感嘆し、「オー、リンダ!(何て美しい!)」と思わず漏らしたことから名付けられたという。

その美しいオリンダの街が、心無くもオランダ人たちによって1630年に焼き払われ、占領されてしまう。オランダ人はその後24年間にわたって同地域を占拠し、「ニュー・オランダ」と名付けて植民地化した。彼らは、オリンダの街が、地理的に外敵からの攻撃にもろいと判断し、現レシーフェのある場所に、首都を移した。レシーフェでは、肌が黒くて目が青い(または緑色)人々を、街で見かけることがあるが、それはオランダ人によって占領されていた時代の名残である。

ポルトガルが同地域を奪回したのは1654年で、オランダ人を排斥し、再びオリンダの地に新たに町を建設して、統治の中心地とした。その頃に建設された教会などの建物は、国宝に指定されて今もそのまま保存され、高台から海を臨む美しい風景とともに、観光客のお目当てになっている。

首都が、オリンダから陸海空の交通アクセスに便利なレシーフェに移転したのは1837年で、以後、サンパウロ、リオ・デ・ジャネイロに次ぐ第三の都市、ブラジル東北部の最重要都市として、君臨している。

W杯のゲームが行われるイタイパーバ・アレナ・ペルナンブーコ球技場

W杯のゲームが行われるイタイパーバ・アレナ・ペルナンブーコ球技場

レシーフェは、2014年のサッカーW杯のゲームが行われる12都市の一つで、レシーフェ市から約20キロのサン・ローレンソ・デ・マッタ市に新たに建設された、4万6千人収容の「イタイパーバ・アレナ・ペルナンブーコ・スタジアム」で白熱のゲームが繰り広げられる。ちなみに、去る6月に開催されたコンフェデレーション・カップで、日本代表はこのスタジアムで、3-4でイタリアに惜敗している。そして、来る6月のW杯一次予選の第一戦で、日本は、コートジボワールを相手に、再びこのピッチに立つことが決定している。

レシーフェはまた、「夢の島」フェルナンド・デ・ノローニャ(参照:http://bit.ly/19wWsrm)への玄関口になっており、同島を訪れる観光客は、一旦、レシーフェのグァララぺス空港で乗り換えて、545キロ先の洋上に浮かぶ島に向かって飛ぶことになる。

実は、私はレシーフェには縁がある。ブラジルに到着してすぐに就職した貿易商社で、肉体労働に甘んじていた私は、セールスマンという、社内で最も羽振りのいい人たちに憬れ、言葉を覚えた暁には、セールスマンになってブラジル中を飛び回ることを夢見ていた。そして5年目に、そのチャンスが訪れた。トップセールスマンとして、リオ・デ・ジャネイロ以北の地域を担当していたW氏が、独立してレシーフェに店を出すことになったのだ。彼は、レシーフェの将来性に賭けたのだ。私は、その後釜に登用され、同じ地域を担当することになった。そしてレシーフェを、3か月に一回の割合で訪れた。独立したW氏の店は、レシーフェのメインストリートにあり、「ワコー」という屋号で、日本製のお土産物などを扱っていた。当時、同市には日本人はほとんど住んでおらず、もの珍しさもあってか、結構繁盛していた。その頃、わが社が扱っていた主力商品は、パナソニック社製の小型テープレコーダーで、W氏は、二つ返事でオーダーし、店で取り扱ってくれた。

レシーフェ特産の淡水手長エビ、ピトゥー

レシーフェ特産の淡水手長エビ、ピトゥー

レシーフェに行くたびに、W氏とボア・ヴィアージェン海岸のビアー・ガーデンで、サンゴ礁の彼方に広がるエメラルドの海をながめながら、ジョッキを傾けたものだ。つまみは、いつもピトゥーという体長10~15cmの淡水エビの塩茹でで、エビとカニをミックスした伊勢エビのような、独特の味がした。二人でいつも大きなザル一杯のピトゥーを平らげた。

その後、私は10年勤めた貿易商社から、ユダヤ系ブラジル人の経営する百貨店に転職した。役職はスーパーヴァイザーで、ブラジル全土に有していた12店舗の経営状態を、定期的に訪れて点検する仕事だった。その支店の一つがレシーフェにあり、私は度々同市を訪れ、その度にW氏と旧交を温めた。ところが、それから2年後に、私に目をかけてくれていた社長が、突然心臓麻痺で急逝し、私は間もなく解雇された。それ以来、レシーフェとは疎遠になってしまった。

レシーフェのサンゴ礁を越えて、漁に出かける筏船、ジャンガーダ

レシーフェのサンゴ礁を越えて、漁に出かける筏船、ジャンガーダ

次の就職口が決まらず、あせっていた私は、ある日サンパウロの路上で、バッタリW氏と出くわした。何でも、レシーフェの店の経営状態が思わしくなく、10年目を契機に、サンパウロに引き上げてきて、保険代理店で働いているとのことだった。彼は、私が職を探していると聞いて、「一緒に保険代理店を興さないか?」と誘ってくれた。受諾した私は、それを契機に一貫して自営業の道を歩むことになり、今日に至っている。

私は今でも、自分の運命を開くキッカケになった、ブラジルのベニス、レシーフェのエキゾチックな街並みとエメラルドの海を、折にふれては懐かしく思い出す。(完)

mshoji について

兵庫県神戸市出身。1960年、県立神戸高校卒業後にブラジルに単身移住。サンパウロ・マッケンジー大学経営学部中退。貿易商社、百貨店でサラリーマンを経験後に独立。保険代理店、旅行社、和食レストランの経営を経て、現在は出版社を経営。ブラジル・サンパウロ州サントス沖グアルジャー島在住。趣味:ゴルフ、乗馬、社交ダンス、カラオケ、読書、料理。twitter:@marcosshoji
カテゴリー: その他、色々, (き)気候が快適 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中